メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

第30回 介護の基本(4)~連携を図る他職種~

 今回は、「介護の基本」の4回目です。介護職員が日々の業務で連携する、他の職種について知りましょう。第27回では、各専門職とその業務に関する組み合わせが出題されました。

連携を図る他職種

福祉・介護系

  • 社会福祉士は、身体上、精神上の障害や環境上の理由により、日常生活を営(いとな)むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、関係者との連絡、調整など(相談援助)を行う。地域包括支援センター(本講座第9回)に従事したり、成年後見人(本講座第17回)などに就(つ)いている。
  • 主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)は、60か月以上の実務経験がある介護支援専門員が、主任介護支援専門員研修を修了することで資格が得られる(介護支援専門員〔ケアマネジャー〕は第9回参照)。地域包括支援センターなどに従事している。
  • 民生委員は、地区を担当して相談活動を行い、状況を把握(はあく)した上で、関係機関につなぐ役割を担(にな)う。都道府県知事の推薦(すいせん)によって厚生労働大臣が委嘱(いしょく)し、任期は3年間。児童委員も兼務している(第25回、27回に出題)。

 高齢者にかかわる上記の民生委員や、ボランティアなどとは、地域包括支援センターも連携することが、第26回で出題されました。

リハビリ系

  • 理学療法士(PT)は、身体に障害がある者に対して、主に移乗、移動など基本的動作能力の回復を図るため、運動、電気刺激、マッサージなどを行う。下記のOT,ST同様、介護保険制度下においては、訪問リハビリテーションや通所リハビリテーション、介護老人保健施設などで、医学的リハビリテーションに携(たずさ)わっている(第25回に出題)。
  • 作業療法士(OT)は、身体または精神に障害がある者に対して、主に家事などの応用的動作能力や社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工芸その他の作業を行う。
  • 言語聴覚士(ST)は、音声機能、言語機能または聴覚に障害がある者に対して、その機能の維持向上を図るため、言語などの訓練や、必要な検査、指導、助言などを行う。また、嚥下(えんげ)などに問題をもつ者も支援する(第26回に「障害の理解」で出題)。
  • 義肢装具士(ぎしそうぐし)は、義足など義肢や装具の装着部位の採型、製作、身体への適合を行う。

看護・医療系

  • 医師は、業務独占かつ名称独占の国家資格であり、医師だけが、診断、投薬(注射)、手術、生理学的検査などを行うことができる。
  • 看護師は、業務独占かつ名称独占の資格であり、傷病者などに対する療養上の世話、診療の補助を行う。
  • 保健師は、名称独占の国家資格であり、療養上の世話、診療の補助に加えて、保健指導を行う(第27回の「障害の理解」で事例問題として出題)。
  • 薬剤師は、業務独占かつ名称独占の資格であり、調剤や医薬品の供給、薬事衛生を行う。
  • 管理栄養士は、名称独占の資格であり、生活環境や体の状態に合わせた食事メニューを作り、栄養指導を行う。栄養士の指導も行う。

 業務独占の資格は、資格がなければその業務を行うことを禁止されている資格です。また、名称独占の資格は、資格取得者以外の者に、その資格の呼称の利用が禁止されている資格です。

 介護領域の科目「介護過程」において、チームアプローチ(介護における多職種連携)の中心は利用者であると、第25回で出題されました。忘れてはいけないことですね。

 他の職種との連携を図るなか、私たち介護職員は、法律で規定された喀痰吸引(かくたんきゅういん)などを除き(本講座第27回参照)、業務独占資格である医師などが行う医行為(医療行為)はできません。一方、「原則として医行為の範囲外の行為」として、自動血圧測定器による血圧測定や体温測定、一定の条件を満たした上での皮膚(ひふ)への軟膏塗布(なんこうとふ)(褥瘡(じょくそう)の処置を除く)や一包化された内用薬の内服(ないふく)などを行うことはできます。このような学習は、現場の業務を整理する上でも、重要です。