メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

第23回 こころとからだのしくみ(2)~からだのしくみ~

 9月に入り、季節の変わり目となりました。体調に気をつけて取り組んでください。

 受験の申し込みを済ませたことと思います。これを機に、「勉強しなきゃ」と気持ちを新たにしていきましょう。

 今回は、からだのしくみについて学びます。

からだのしくみ

 ここでは、これまでに国家試験で出題された「からだのしくみ」を記します。なお、本科目では、「発達と老化の理解」で学んだ、老化に伴うからだの変化(本講座第13回参照)や病気・障害(本講座第14回第15回参照)についても出題されています。出題範囲が広く、的をしぼることが難しいですが、こころのしくみと同様に、テキストや過去問題解説集で、「発達と老化の理解」と結びつけた学習に努め、一つでも多くの知識を習得しましょう。

  • は、骨髄(こつずい)と骨質(こつしつ)からなり、骨髄は造血(ぞうけつ)器官として、赤血球、白血球、血小板(けっしょうばん)をつくっている。骨質は、カルシウムを多く含んでいる。
  • ○ 骨と骨が結合して動く部位を関節といい、関節を挟(はさ)んで筋肉が付着し、伸縮している。例えば、肘(ちゅう・ひじ)関節の伸展(しんてん)は、腕の後ろの上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の収縮によって起こる(第25回に出題)。また、股関節の屈曲(くっきょく)には、腸腰筋(ちょうようきん)が主に働く(第27回に出題)。

  • において、大脳は左右の半球からなり、さまざまな中枢(ちゅうすう)(ある動き・機能をコントロールしている場所)が配置されている。間脳(かんのう)の視床下部(ししょうかぶ)には脳下垂体(のうかすいたい)があり、自律神経、ホルモン分泌(ぶんぴつ)の中枢がある。脳幹(のうかん)は、中脳(ちゅうのう)、橋(きょう)、延髄(えんずい)からなり、延髄に呼吸運動、血管運動などの中枢がある。また、小脳は、脳幹の後ろにあり、随意(ずいい)運動(思いどおりに動けること)を調節し、平衡(へいこう)感覚、視覚ともつながっている。
  • ○ 脳の各中枢から発信された指令をからだに伝達していく経路を末梢(まっしょう)神経といい、12対(つい)からなる脳神経は、頭部、頸(けい)部の運動や、嗅覚(きゅうかく)、視覚などの感覚にかかわる。31対からなる脊髄(せきずい)神経は、上肢(じょうし)、下肢(かし)、体幹(たいかん・胴体)の運動や感覚にかかわる。自律(じりつ)神経は交感(こうかん)神経と副交感神経からなり、内臓や血管の平滑(へいかつ)筋、心筋、腺(せん)に分布していて、これらの機能を調節している。交感神経は、脈拍増加、血圧上昇、および消化腺分泌や尿生成の抑制に作用し、副交感神経は、心拍(しんぱく)や呼吸をゆっくりにし、消化管活動を活発にする。

  • 血液は、血球(45%)、血漿(けっしょう)(55%)に分かれる。血球とは、赤血球、白血球、血小板のことを指し、血漿には、たんぱく質、脂質(ししつ)、ブドウ糖、電解質などが含まれている。
  • 赤血球は、ヘモグロビンを有し、酸素と二酸化炭素を運搬(うんぱん)する(第24回に出題)。白血球には、顆粒(かりゅう)球、リンパ球、単球があり、リンパ球は免疫(めんえき)担当細胞と呼ばれ、B細胞とT細胞がある。また、血小板は、血液の凝固(ぎょうこ)にかかわる。
  • ○ 心臓と血管、リンパ管を循環器という。心臓から出ていく血管を動脈、心臓に入る血管を静脈という。肺で酸素を獲得した動脈血は、肺静脈を通り、心臓の左心房(さしんぼう)に入る。そこから左心室(さしんしつ)に流れ、ドクンと拍出(はくしゅつ)され、全身に送られる(そのため左心室は、右心室よりも心筋層が厚い)。全身で利用され、二酸化炭素を含んだ静脈血が、心臓の右心房(うしんぼう)に戻り、そこから右心室(うしんしつ)に流れる。右心室から肺動脈を通り、肺で、不要な二酸化炭素が排出(ガス交換)され、酸素を取り込み、新たに動脈血となり、左心房に戻ってくる(第25回に出題)。
  • ○ 上記のガス交換のことを、呼吸という。

  • ○ 嚥下(えんげ)は、舌により食物を口腔(こうくう)の奥に導き、咽頭粘膜(いんとうねんまく)に食物が触れて嚥下反射が起こり、咽頭から食道へ飲み込まれていく。嚥下の際、鼻腔(びくう)と咽頭は軟口蓋(なんこうがい)で区切られる。また、喉頭蓋(こうとうがい)により、気管に食物が入らないようにする。
  • は、食物を消化する強酸性の胃液を分泌する。胃から続く小腸は、十二指腸(じゅうにしちょう)、空腸(くうちょう)、回腸(かいちょう)からなり(第28回に出題)、栄養素と水分を吸収する。十二指腸では、アルカリ性の膵液(すいえき)と胆汁(たんじゅう)が注がれ、中和(ちゅうわ)された食物の分解が進む。
  • ○ 小腸に続く大腸は、盲腸(もうちょう)、結腸(けっちょう)、直腸に分かれ、結腸は、上行(じょうこう)、横行(おうこう)、下行(かこう)、S状に区分される。小腸で吸収されなかった水分が結腸で吸収され、便を形成。肛門(こうもん)から排出される。一方、老廃物(ろうはいぶつ)含んだ尿が腎臓(じんぞう)でつくられ、尿道(にょうどう)を経て排出される。

 第26回では、血糖値を下げるホルモンである、インスリンを分泌するランゲルハンス島を有する、膵臓について出題されました。

 難しい言葉が並びますね。手元にあるテキストの図などを参照し、自分のからだにも備わっているしくみとして、関心をもって学んでいきましょう。