メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

第15回 発達と老化の理解(3)~老化とともに発症する病気・障害(その2)~

 7月に入り、暑さも厳しくなりました。利用者だけでなく、皆さん自身も熱中症などに気をつけながらお過ごしください。

 今回は、「発達と老化の理解」の最終回です。前回に引き続き、高齢者の代表的な病気について記します。

 本講座で勉強したあとは、テキストなどでさらに詳(くわ)しく読み込んでください。生活習慣病はよく出題されるので、押さえておきましょう。

老化とともに発症する病気・障害

心臓、血管に関する病気

  • 高血圧症とは、最高(収縮期)血圧140mmHg以上、最低(拡張期)血圧90mmHg以上をいう(第25回に出題)。生活習慣病の一つでもあり、脳血栓(のうけっせん)や狭心症(きょうしんしょう)、冠動脈硬化(かんどうみゃくこうか)など、その他の生活習慣病を発症(はっしょう)させる危険因子(いんし)である。
  • ○ 生活習慣病の一つである虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)のうち、狭心症は、心筋の一過性の虚血(酸素欠乏)により、胸痛や胸部の圧迫感、絞扼(こうやく)感(締めつけられるような痛み)などの症状を伴う。心筋梗塞(しんきんこうそく)は、冠状(かんじょう)動脈の血流が途絶(とだ)え、心筋細胞の一部が壊死(えし)した状態をいう。冠動脈硬化を患(わずら)っていると発症しやすく、急性心筋梗塞は、激しい胸痛、息苦しさ、顔面蒼白(そうはく)、冷や汗などの症状がみられ、胸の痛み、絞扼感が30分以上持続する。また、高齢になるほど痛みを訴えない人の割合が高くなり、痛みを伴わない無痛性心筋梗塞も多い(第24回に出題)。
  • ○ 老化に伴う循環器系(心臓、血管など)の変化として、不整脈が増加する傾向にあり(第25回に出題)、心房細動(しんぼうさいどう)とは、頻脈(ひんみゃく)性の(頻脈になることが多い)不整脈の一種である(第26回に出題)。

泌尿器(ひにょうき)に関する病気

  • 尿失禁は、膀胱(ぼうこう)から尿を無意識にもらす状態をいう。高齢の女性では、咳(せき)などの腹圧がかかる動作時にもれる腹圧性尿失禁が多い(第25回に出題)。

内分泌(ないぶんぴつ)、代謝(たいしゃ)に関する病気

  • 糖尿病は、インスリンが十分に作用せず、高血糖が持続(じぞく)し、初期には自覚症状がないことが多いが、口の渇(かわ)き、多飲、多尿、倦怠感(けんたいかん)、体重減少などの症状を伴う。糖尿病のうち、生活習慣病に位置づけられるものを2型糖尿病という。合併症として、足指が壊疽(えそ)し切断に至ることもある神経障害、人工透析(とうせき)を必要とする腎症(じんしょう)、失明することもある網膜症(もうまくしょう)がある(第26回で事例問題として出題)。

がん

  • 胃がんによる死亡数は、男性で全体の2位、女性で同3位である。胃がん検診による早期発見・治療などにより、死亡数は減少傾向にある。
  • 大腸がんは、生活習慣病の一つに位置づけられ、食生活の欧米化とともに、増加傾向にあり、女性の死亡数1位である。症状は下血(げけつ)が多い。
  • 肺がんによる死亡数は、男性で全体の1位、女性で同2位である。生活習慣病の一つと位置づけられ、喫煙(きつえん)と関係がある。
  • C型肝炎は、進行すると、肝硬変(かんこうへん)、肝がんへと病態が変化していくことが多い(第26回に出題)。

 こうして勉強すると、介護サービスの利用者が患っている病気であるとともに、私たち自身も、年をとり、生活習慣を乱していると発症し、介護が必要になると実感します。

 最後に、高齢者の心の病気のうち、出題頻度(ひんど)の高いうつ病について触れます。

心に関する病気

  • ○ 気持ちが沈み込んだ状態のことをうつ状態という。高齢者のうつ状態の原因は、病気や障害などによる身体的な要因、喪失(そうしつ)体験などによる環境的な要因がある(第25回に「こころとからだのしくみ」で出題)。
  • うつ病とは、うつ状態が症状の中心となり、楽しみの喪失、焦燥感(しょうそうかん)、思考力や集中力の減退(げんたい)、希死念慮(きしねんりょ)、身体的な訴えなどを伴う。
  • ○ 高齢者のうつ病(老年期うつ病)は、環境の変化などが発病のきっかけとなりやすく、青年期(若年者)のうつ病にくらべて慢性化しやすい、再発しやすい、抑うつ気分が軽く、腰痛や便秘など身体的な症状の訴えが強い(身体症状と関連することが多い)などの特徴がある(第24回、27回に出題)。身体症状に隠れてうつ状態が見えにくくなっている状態もあり、これを仮面うつ病という。

 上記に加えて、心の病気で押さえておきたいのは、認知症です。認知症については、次の科目「認知症の理解」で学びましょう。