メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

第7回 社会の理解(1)~社会の状況~

 こんにちは。
 前回は、「人間関係とコミュニケーション」について学びました。
 今回から、「人間と社会」領域のメインの科目といえる「社会の理解」を勉強しましょう。
 この科目では、最初に、介護福祉職が従事する介護サービスなど、生活上のさまざまなニーズ(課題〔問題〕)に応えて支援するサービスが必要とされる背景にある、今日の日本の社会状況を理解します。

社会の状況 ~生活を支える家族と地域~

 育児や介護など、生活上のニーズには、まず、よりどころである家族が携(たずさ)わり、支えることになります。介護福祉士国家試験では、「家族とは何か」が出題されます。学問上、家族とは「夫婦を中核とし、親子、兄弟などの近親者を構成員とする血縁的小集団」と定められています。
 日本の社会は、核家族化が進んできました。核家族とは、「夫婦、夫婦と未婚の子ども、ひとり親と未婚の子どものいずれから成る」ことが、第24回に出題されました。家族において核家族化が進むことで、例えば、家庭内で介護できる者が不在あるいは減少するなど、家族機能の弱体化がみられているわけです。
 地域に目を向けると、農村部を中心に過疎化が進み、共同体機能の維持が困難な「限界集落」も多く存在している状況です。限界集落とは、「高齢化率(65歳以上の人口比率)が50%を超えた人口構成である」ことが、第25回で出題されました。
 一方、少子化といわれる中、都市部では人口が集中し、保育所の待機児童問題などが解消できていません。少子化対策、さらには労働力確保のために2007(平成19)年、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」というものが制定されています。これらに関する事柄も、第24回に出題されています。

統計(データ)で見る社会の状況

 本試験には、統計(データ)から見た社会の状況が出題されることもあります。第26回では、少子高齢化という観点から出題されました。
 以下の事項にも、目を通してください。
 数字は、小数点まで覚える必要はありません。大体の傾向を知っておけばよいでしょう。

  • ○ 国民生活基礎調査によると、65歳以上の1人暮らしの高齢者(高齢者単身世帯)は、2013(平成25)年において、65歳以上の者がいる世帯の25.6%を占め、高齢者夫婦のみの世帯とともに増加傾向にあった。2014(平成26)年は25.3%で、若干減少したが、高齢者が孤立しやすい状況にあることに変わりはない。
  • ○ 今日の日本の高齢化率は、2014(平成26)年現在、26.0%(約4人に1人が高齢者)で、今後も上昇し、2035(平成47)年には33.4%(約3人に1人が高齢者)、2055(平成67)年には39.4%に達すると予測されている。
  • ○ 高齢化が進む中、介護保険制度の要介護認定により、要支援者・要介護者と認定された人も増加しており、2014(平成26)年において、600万人に及んでいる。
  • 合計特殊出生率(1人の女性が生涯に何人の子どもを産むか)は、1993(平成5)年に1.46となり、2005(平成17)年には過去最低の1.26まで低下したが、2008(平成20)年には1.37に回復、2012(平成24)年は1.41、2013(平成25)年は1.43、2014(平成26)年は1.42となった。
  • ○ 「平成26年版障害者白書」によると、身体障害児・者は約394万人、知的障害児・者は約74万人、精神障害者は約320万人とされている。障害者においても、高齢化、重度化が進んでいる。

 また、「人口推計」によると、2011(平成23)年以降、毎年10月1日現在の総人口は減少してきていることが、第28回で出題されました。

 介護福祉士という名称にも含まれている「福祉」とは、介護が必要になるなど、たとえ社会生活の中で困ったことが発生しても、何とか“幸せ”を感じて暮らしていけるように支援していこうという理念(方針)を指します。
 また、ソーシャルインクルージョン(社会的包摂(ほうせつ)といい、社会的な孤立や排除の問題に取り組み、「つながり」を再構築し、社会の中で共に助け合って生きていこうという、近年、福祉分野などで唱えられている理念が、第24回に出題されました。
 そのような理念を具現化するためにも、今回の受験を通して、いろいろと学んでいきましょう。