メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今週の穴埋め問題

中央法規の『介護福祉士受験対策セミナー(直前対策講座)』
 介護福祉士国家試験の本番前に不安を解消しませんか?
このセミナーで、「実務者研修で学んだ知識」に「試験で問われやすいポイント」を上乗せ!
的を絞って国家試験を突破するポイントを解説します!
  • 東京会場:2018 /1/13 (土)  
  • 大阪会場:2018 /1/14 (日)  


詳細・お申し込みはこちらから

今週の穴埋め問題(8月4日)

障害の理解(3)

  • 1.知的障害者福祉法では、知的障害者の定義を設けておらず、「社会通念上知的障害者と考えられるもの」と解釈している。一方、制度(法律)による支援を受けるための 療育 手帳の交付などは、知能検査の知能指数(IQ)がおおむね70未満であることと、 日常生活 能力によって判断される。
  • 2.精神保健福祉法では、精神障害者は、統合失調症、精神作用物質による急性中毒またはその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する者と定めており、(知的障害者を除き) 精神障害者保健福祉 手帳が交付される。精神障害は、原因不明の内因性、身体の病変や薬物などが影響する外因性、性格や生活環境におけるストレスなどによる 心因 性に分類される。
  • 3.統合失調症は、思春期に発症することが多く、気持ちや考えがまとまりにくく、苦痛や困難を感じている状態で、  錯覚 (現実に存在する対象物を誤って知覚する)、幻覚(現実には存在しない対象物を実際に存在していると知覚する)、 妄想 (病的な誤った判断や観念)などの陽性症状や、感情鈍麻や会話の貧困、意欲の低下などの陰性症状がみられる。


もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

介護福祉士合格アプリ2018 過去問題+模擬問題+一問一答

介護福祉士合格アプリ2018
過去問題+模擬問題+一問一答

毎年大好評の介護福祉士受験対策アプリの2018年1月国家試験対応版!
3年分の国試を詳細に解説した「過去問題」、試験の傾向を徹底分析した「模擬問題」、国試過去問を含む「一問一答」で試験対策は万全!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。