メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今週の穴埋め問題

中央法規の『介護福祉士受験対策セミナー(直前対策講座)』
 介護福祉士国家試験の本番前に不安を解消しませんか?
このセミナーで、「実務者研修で学んだ知識」に「試験で問われやすいポイント」を上乗せ!
的を絞って国家試験を突破するポイントを解説します!
  • 東京会場:2018 /1/13 (土)  
  • 大阪会場:2018 /1/14 (日)  


詳細・お申し込みはこちらから

今週の穴埋め問題(6月23日)

発達と老化の理解(2)

  • 1.高齢者の病気(疾患)とその症状の全般的な特徴として、一人で多くの疾患を有している、症状が 非定型 的(典型的な症状が出にくい)で明らかには現れにくい、個人差が大きく慢性化することが多い、薬剤の反応が若年者と異なり、薬の 副作用 が出やすい、寝たきりのきっかけとなることが多い、などがあげられる。
  • 2.骨、関節に関する病気のうち、骨粗鬆症は、骨量が減少した状態で、原因には、 カルシウム の欠乏、運動不足などがあり、症状は、腰や背部の痛みである。また、脊柱管狭窄症は、脊柱管が細くなり、神経を圧迫し、腰痛や、歩行中に下肢がしびれ、休息すると改善する 間欠 性跛行が現れる。
  • 3.脳、神経に関する病気のうち、パーキンソン病は、手のふるえ(振戦)、筋のこわばり(筋  固縮  )、動作緩慢という三大症状などがみられる。また、筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、運動神経の異常により筋萎縮を起こす進行性の難病で、手指など上肢の筋萎縮から始まり、全身に及び、 球 麻痺といい、発語や嚥下も困難になる。


もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

介護福祉士合格アプリ2018 過去問題+模擬問題+一問一答

介護福祉士合格アプリ2018
過去問題+模擬問題+一問一答

毎年大好評の介護福祉士受験対策アプリの2018年1月国家試験対応版!
3年分の国試を詳細に解説した「過去問題」、試験の傾向を徹底分析した「模擬問題」、国試過去問を含む「一問一答」で試験対策は万全!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。