メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今週の穴埋め問題

今週の穴埋め問題(7月29日)

  • 1.前頭側頭型認知症は、脳の前頭葉から側頭葉にかけての限定的な部位が萎縮する、 ピック 病によって起こる認知症をいう。40歳代、50歳代での発症が多い。万引きや無精な生活、わがまま、自分勝手な行動など、人が変わったような特異的な行動を繰り返す 人格 変化が特徴である。
  • 2.転倒などによる脳打撲で生じる慢性 硬膜 下血腫が原因となって起こる認知症がある。打撲により、じわじわと血液の塊ができ、脳を圧迫して神経細胞に支障をきたし、打撲後 1~3 か月くらいで、もの忘れや頭痛の症状がみられる。手術で血腫を取り除くことにより治る。
  • 3.地域包括支援センターでは、 権利擁護 業務として、認知症の利用者が必要とする成年後見制度の活用促進や、消費者被害の防止などに取り組んでいる。また、 認知症疾患医療センター は、認知症専門の医療機関として、詳細な診断や急性症状への対応、地域の認知症医療や地域包括支援センター、介護サービス事業所の連携強化などの役割を担っている。


もっと問題を解きたい人は介護福祉士合格アプリ!

介護福祉士合格アプリ2017 過去問題+模擬問題+一問一答

介護福祉士合格アプリ2017
過去問題+模擬問題+一問一答

毎年大好評の介護福祉士受験対策アプリの2017年1月国家試験対応版!
3年分の国試を詳細に解説した「過去問題」、試験の傾向を徹底分析した「模擬問題」、国試過去問を含む「一問一答」で試験対策は万全!
詳細はこちらから