メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

林先生の受験対策講座

林 和美 (はやし かずみ)

合格率が21.5%という超難関のケアマネ試験。この狭き門を突破するためには、ポイントを押さえた効率よい学習が不可欠です。このコーナーでは、「介護支援分野」について、その秘訣をガイドします。
※毎週火曜日更新!

プロフィール林 和美 (はやし かずみ)

国際医療福祉大学医療福祉学部教授。
研究領域は、ケースマネジメント・高齢者福祉・地域支援ネットワーク。特養、在宅介護支援センター勤務などを経て、教育の場へ。現在は大学でソーシャルワーカー育成に尽力されています。

2018ケアマネ試験に向けラストスパート!! 信頼度No.1の中央法規出版『ケアマネジャー受験対策商品2018』はこちら!!

平成30年度(第21回)介護支援専門員実務研修受講試験 解答速報掲載 閲覧登録はこちらから

第23回 「ケアマネジメント論」6回目

 先週、北海道において過去最大と言われる地震が襲い、多くの尊い人命が失われました。また多くの被害が発生して、皆さんの生活に大きな影響を及ぼしていることと思います。
 亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。そして、被災された方々の今後の生活が早く復旧し、平穏な生活に一刻も早く戻られることを望んでおります。
 さらには、最近は強い台風の影響を受け、大雨による生活への影響も大きかったと思います。特に7月の豪雨の影響を受けた西日本ではまだまだ多くの不安を抱えている方も多いと思われ、少しでも早く復旧されることを願っております。

 では、今週の講座を始めさせていただきたいと思います。

「ニーズ優先アプローチ」の意味を考える

 いよいよ あと1か月に迫ってきましたね。
 焦らず、迷わず、一歩一歩学習を続けていただければと願っています。

 たぶん、現在のみなさんの想いは「時間がない」ではないでしょうか。この時間のことを「ニーズ」というならば、ケアマネジメントのアセスメントの目的である、「ニーズ」の把握が最も重要なポイントとなることは言うまでもありません。
 そして、ニーズを把握するためには、アセスメントで把握した身体的状況・心理的状況・社会環境的状況を総合的に分析し、利用者や家族とともに「ニーズの確定」をしていくことが大切となりますよね。
 この「ニーズ」に対して、その望ましい結果や状態がどういうものであるのか、具体的な支援やサービスとして何があるのかを検討し、ケアプランを作成するプロセスが最も重要であるとされているのです。

 したがって、ケアマネジメントは「ニーズ・オリエンテッド(優先)アプローチ」であると言えます。しかしながら、実際のケアマネジャーの業務は「デイサービスを週2回程度と福祉用具としてベッドを借りたいのですが」という家族の言葉から始まることが多いようです。
 そういう利用者に対し、「まずはアセスメントさせていただきます」なんて言ったら、「大丈夫です。デイサービスとベッドが使えれば…」なんて言われる可能性があるかもしれません。そういう流れで、適当なアセスメントでニーズも不明確なケアマネジメントが行われることが危惧されます。

 アセスメントを充分行わなければ、真のニーズ把握もできず、ケアプランも「サービス優先アプローチ」になってしまう危険性があります。ぜひとも、みなさんがケアマネジャーになられましたら、専門性を遺憾なく発揮し、よいケアマネジメントを展開していただきたいと思います。

 基本テキストでは、アセスメントの基本的なねらいとして4点にまとめられています。

  • (1)要介護者の生活ニーズの内容やその程度を明らかにする。
  • (2)生活ニーズに対応する要介護者の能力を明らかにする。
  • (3)生活ニーズに対応するインフォーマルサポートの力量を明らかにする。
  • (4)生活ニーズに対応するフォーマルサービスの必要性と内容を明らかにする。

「利用者のニーズ」と「家族のニーズ」

 さて、ニーズは「利用者」と「家族」で同じ場合もあるかもしれませんが、多くは微妙に異なるものであることを知っておいてください。
 例えば、ショートステイの利用にあたって、利用される方が「本当はここへは来たくなかったけど、私が家にいると、家族が大変なので…」などという声を何度と聞きます。このように利用者のニーズと家族のニーズが一致しないこともあるのです。

 ケアマネジャーは「利用者本位」であることはもちろんですが、介護保険法上は「利用者の家族」の支援も必要とされています。
 したがって、利用者と家族の間に入って調整する必要もあります。しかしながら、実際のところ「声の大きい人」に従ってしまうことも事実です。このあたりも、ケアマネジャーは専門性をもって進めていただきたいと思います。

「サービス担当者会議」では

 ケアプランの原案が作成されたら、利用者・家族を中心にして計画に位置付けられたサービス事業者を招集し、サービス担当者会議を主宰します。
 利用者・家族の同席が望ましいのは、サービス担当者との顔合わせの意味もあります。私は通常本人の自宅でさせていただいていました。送迎用車両の進入なども理解していただけますし、家屋の状況なども見ていただくことで、それぞれのサービス提供機関としての支援方法を持ち帰って検討いただけるからです。

 そのとき、ケアマネジャーは、絶えず利用者の表情などの状況をみていなければなりません。専門職同士が専門用語で話をしていたとしたら、きっと落ち着かない表情になってしまうと思います。利用者本人や家族の方にとっても、自分の考え方や意見を言えるような雰囲気づくりも必要になりますね。
 また、都合で参加できない事業者には予め文書による意見を求めることとされています。
 そして、ケアプラン原案の修正とあわせて、利用者によるケアプランの了承が行われ、サービスが提供されることになります。

「ケアプランの実施」と「モニタリング」

 ケアプランが実施されるようになると、ケアマネジャーは「モニタリング」を行います。モニタリングの目的は、(1)サービスは計画通り提供されているか、(2)事業者の提供内容は適切か、(3)ニーズがどの程度解決していっているのかといったことと合わせ、(4)サービス提供によって新たなニーズは発生していないかということも大切な目的となります。

 ケアプランがサービス提供当初から何年も同じというケースも実際にはありますが、ケアプランには長期目標があり、それに近づけるための短期目標や期間も記載するわけですから、何年も同じサービス内容ってことは、まずおかしいことだと思います。
 モニタリングによって、再アセスメントを行い、再度ケアプランを策定し、新しいケアプランが実施されていくから「マネジメント」(管理)と言われる理由です。

 今回は、「ニーズ」を中心にケアマネジメントのプロセスに沿って、介護支援専門員として当然の考え方について書いてみました。
 試験問題のなかで、介護支援専門員として適切かといった問題に対応していただければと思います。

 来週からは、介護支援分野の振り返り(まとめ)と、試験日に向けた準備などを書いていきます。最後の最後まで、応援していますからね。