メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

林先生の受験対策講座

林 和美 (はやし かずみ)

合格率が15.6%という超難関のケアマネ試験。この狭き門を突破するためには、ポイントを押さえた効率よい学習が不可欠です。このコーナーでは、「介護支援分野」について、その秘訣をガイドします。
※毎週火曜日更新!

プロフィール林 和美 (はやし かずみ)

国際医療福祉大学医療福祉学部准教授。
研究領域は、ケースマネジメント・高齢者福祉・地域支援ネットワーク。特養、在宅介護支援センター勤務などを経て、教育の場へ。現在は大学でソーシャルワーカー育成に尽力されています。

第7回 第3単元「保険事故」1回目

合格率のデータから発見!

 みなさんこんにちは! 先週ある地域で、今年度初めての介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)受験対策講座を行う機会があり、お話をさせていただきました。中央法規さんの『ケアマネジャー試験受験対策セミナー』でもお話をする機会はありますから、ぜひご活用くださいね。

 受講者のみなさんの「熱心さ」には、本当に頭が下がります。休み時間にも列をなしての質問攻め(笑)もあり、「私の休憩時間はないのかな?」なんてひそかに思いながらも、ていねいにお答えさせていただきました。「先生と握手させてください!」とか「ここにサインしてください!」とか…。 本当に焦りました(汗)

「安心してください サインの練習をはじめましたから…」(冗談ですからね…)

 さて、そんなケアマネジャー試験受験対策講座のイントロ部分では、これまでのケアマネジャー試験の合格率を例に「簡単に合格できるものではない」ということを伝えます。昨年の合格率は、15.6%でしたね。私の大学の定期試験で、合格率15%の試験を実施したら、学生はもとより教務からも批判がでそうですね。ほとんどの人が合格できない試験を、試験として認めていいものなのでしょうかなどと言いながら、ここ数年のデータから「新しい発見」を伝えます。

 ここ数年の合格率は次のようになっています。

第13回(2010)139,959人28,703人20.5%
第14回(2011)145,529人22,332人15.3%
第15回(2012)146,586人27,905人19.0%
第16回(2013)144,397人22,321人15.5%
第17回(2014)174,974人33,539人19.2%
第18回(2015)134,539人20,925人15.6%

 みなさんよく見てくださいね! 私は発見しました! 合格率は、おおむねね「20・15・20・15・20・15」%という順番になってませんか!!!!!!

 とすると…「今年は合格率が上がる?!」「つまり合格しやすい?!」

 なんてことを先日の受験対策講座でお話しました。しかし、合格率は結果発表があるまでわかりませんからね。その場では、「いや これは全く根拠のないデマですから…」と打ち消したのですが、受講者のみなさんは俄然とやる気が出て頑張り始めました。

 されど、合格率20%といっても5人に1人しか合格できない非常に難関な試験であることには間違いありません。

 しかし、ケアマネジャー試験受験対策19年目の私には確かな事実を1つ言うことができます。

「しっかりと勉強すれば合格できる試験であるということです」

 さぁ! 勉強がしやすい季節です。がんばっていきましょうね。

 今週は第3単元「保険事故」について解説していきます。