メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

林先生の受験対策講座

林 和美 (はやし かずみ)

合格率が15.6%という超難関のケアマネ試験。この狭き門を突破するためには、ポイントを押さえた効率よい学習が不可欠です。このコーナーでは、「介護支援分野」について、その秘訣をガイドします。
※毎週火曜日更新!

プロフィール林 和美 (はやし かずみ)

国際医療福祉大学医療福祉学部准教授。
研究領域は、ケースマネジメント・高齢者福祉・地域支援ネットワーク。特養、在宅介護支援センター勤務などを経て、教育の場へ。現在は大学でソーシャルワーカー育成に尽力されています。

第3回 第1単元「被保険者」1回目

昨年の問題を解いてみよう

 先週末から熊本県や大分県では、大きな震災がありました。今年、介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)を受けようとしている方のなかにも被災された方もいらっしゃるかもしれません。被災されたみなさまに心よりお見舞いを申し上げます。
 さて、私の大学では新入生を迎えるとともに、新学年へのオリエンテーションに続き、講義も始まりました。
 みなさんも異動で新しい職場に変わったり、新しい役割が任されることになったりとか、新しいことがいっぱいですよね。
 そんななか、実務経験が5年となりケアマネ試験に初めて挑戦する人も、リトライする人も、いよいよ10月2日の本番にそなえて本格始動です。合格へ向けて勉強をはじめましょう!

 さて、何度も言いますが「ケアマネ試験は、勉強をしない“ノー勉”では合格できません」。ケアマネジメントと同様に、「試験に対する」充分なアセスメントと“合格”という「目標の明確化」、計画の作成と「家族や仲間と受験勉強をする」という同意、計画の実施状況に対するモニタリングフォローアップといった、まさしくケアマネジメントのプロセスを実践することになります。
 例えば、ケアマネ試験の25問を占める「介護支援分野」は、介護保険制度とケアマネジメントが出題範囲ですね。これまでの試験では、この分野についてどんな出題傾向があるのでしょうか。これをアセスメントするための書籍として、最近では「過去問解説集」といったものが出されています。  「過去問解説集」は、受験対策には有効ですが、その選択肢が問うている問題文は、時代により変わるものです。そのため試験で出題された当時は「正解」であっても、今年の試験では「誤り」になってしまうという選択肢もなかにはあります。
 「過去問解説集」は、こうした改正点にも対応した、信頼のおける出版社のものがおすすめですね。
 中央法規さんでは神奈川県介護支援専門員協会編集『ケアマネジャー試験過去問一問一答パーフェクトガイド』があります。一問一答方式で「過去問題」がカテゴリーごとに分類されており、しかも解説には長寿社会開発センター『[七訂]介護支援専門員基本テキスト』(「基本テキスト」)の該当ページもあり、私のおすすめの一冊です。
 いきなりですが、昨年のケアマネ試験の本番で出題された「介護支援分野」25問を解いてみませんか?
 私の大学では、来年の1月に社会福祉士の国家試験を受けることになる、新4年生に対して、4月早々、実際に出題された国家試験問題を使って試験を行います。多くの学生はその結果でショックを受けるのですが、そのショックがとても有効なんです。
 初めて試験を受けられる方にとっては、苦痛な時間になるかもしれません。しかし、一度チャレンジしてみませんか? どれぐらい難しい試験なのかをまず体感してほしいのです。
 昨年のケアマネ試験の問題については、社会福祉振興・試験センターの介護支援専門員のページの各都道府県の実施案内のホームページリンク集のなかで、東京都など、いくつかのリンク先で公表されています。
 ぜひトライをして今の自分の知識をアセスメントしてください。しかし、ショックで立ちあがれないなんてことはないように!

さて、今週の本題です「森を見て、木をみましょう」

 先週は4つのキーワードと6つの単元のお話をしました。
 4つのキーワードとは、介護保険は、「社会保険・強制適用・地域保険・短期保険」でしたよね。その点を押さえたうえで、保険制度としての介護保険を理解していきましょう!
 そして、介護保険制度を理解するには、ただダラダラと参考書やテキストを読んで、理解しようとするよりも、「保険制度」の特徴にしたがって、次の図のように、6つの単元で区切って学習していきましょう。
 それぞれの関係性を下の図(森の全体)を頭の中にイメージしてほしいのです。


 では、森のなかにある、「被保険者」という木をこれから学習していきましょう。
 「基本テキスト」の準備はできていますか? 被保険者の単元は、「基本テキスト」では、第1巻54ページからになります。『ケアマネジャー試験ワークブック2016』(「ワークブック」)では40ページから46ページになります。