メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今週の穴埋め問題

ケアマネ試験の合格へ、中央法規の『受験対策講座(セミナー)』でさらなる自信を!! 経験豊富・信頼度バツグンの講師陣が合格へと導きます!!

穴埋め問題「特定施設入居者生活介護」 7月7日分

  • 1.特定施設入居者生活介護は、介護保険では、居宅サービス、施設サービス、地域密着型サービスのうち、 居宅 サービスに類型化されています。
    特定施設入居者生活介護の指定が受けられる施設としては、有料老人ホーム(介護付き)、軽費老人ホーム(ケアハウス)、 養護老人ホーム があります。
  • 2.外部サービス利用型特定施設入居者生活介護は、当該施設職員が計画作成や安否確認、生活相談などの 基本サービス を行い、介護サービスの提供は特定施設入居者生活介護事業者から委託を受けた受託サービス事業者が行います。特定施設入居者生活介護の事業者と 受託サービス事業者 が契約をする形になります。
  • 3.特定施設入居者生活介護の入居者は、特定施設入居者生活介護サービスか、訪問介護、通所介護、訪問入浴介護などの外部の居宅サービスを選択して利用することができます。
    原則、両方を重複して利用することはできませんが、 事業者 の費用負担によって、他の居宅サービスを利用することができます。これに対し、介護老人福祉施設では、介護は必ず当該施設の従業者が提供しなければならず、利用者の選択で他の者から介護を受けることを禁じています。
    また、介護老人福祉施設とは異なり、特定施設入居者生活介護事業者は、利用者からおむつ代を受け取ることができます。
  • 4.介護支援専門員は利用者 100 人に1人配置され、 特定施設サービス計画 の作成を行います。また、サービスに関する契約内容を 文書(契約書) にて締結しなければなりません。
    あらかじめ 協力医療機関 を定めなければならないとされており、また協力歯科医療機関については努力義務とされています。
  • 5.加算には、看取り介護加算、認知症専門ケア加算、サービス提供体制強化加算、個別機能訓練加算、夜間看護体制加算、医療機関連携加算などがあり、看取り介護加算は 夜間看護体制加算 を算定していない場合は算定できません。

もっと問題を解きたい人はケアマネ受験対策アプリ!

【NEW】「過去問」全300問(有料版)リリース!
ケアマネジャー合格アプリ2016 一問一答+模擬問+過去問

ケアマネ合格アプリ2017 一問一答+模擬問+過去問

今年のケアマネ受験対策アプリはこれ!! 「ケアマネ合格アプリ2017」は【過去問題】、【一問一答】、【模擬問題】を収録。無料版をリリース開始!!フルバージョンは3月から順次配信!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play