メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今週の穴埋め問題

穴埋め問題「訪問介護」 6月3日分

  • 1.訪問介護は、内容から生活援助、身体介護、 通院等乗降介助 に分類され、それぞれの提供時間に応じて介護報酬が決められています。清掃は 生活援助 、一般的な調理は 生活援助 、買い物は 生活援助 、薬の受け取りは 生活援助 、排泄介助は 身体介護 、通院・外出介助は 身体介護 、自立支援のための見守り援助は 身体介護 、糖尿病食等の調理は 身体介護 にあたります。ただし、生活援助中心型を算定するには、利用者が 単身 であるため、あるいは同居している家族等が障害・疾病のため、などの理由が必要です。また、利用者以外の者の調理や洗濯、草むしり、ガラス磨きなどは生活援助に含まれません。体温測定や軟膏の塗布等については医療行為でないものとされ、 身体介護 として提供が可能です。
  • 2.サービス提供責任者の責務は、利用申込みの調整や、 サービス担当者会議 への出席等による居宅介護支援事業者等との連携、 訪問介護計画 の作成、従業者の業務管理・指導等とされており、利用者人数により配置人数に規定があります。訪問介護計画はすでに 居宅サービス計画 が作成されている場合は、当該計画の内容に沿って作成しなければなりません。訪問介護計画の作成あたっては、その内容について、利用者またはその家族に対して 説明 し、 利用者 の同意を得なければならず、その後利用者に 交付 しなければなりません。また、運営基準には、同居家族に対するサービス提供の禁止も定められています。
  • 3.生活機能向上連携加算は、サービス提供責任者が 訪問リハビリテーション 事業所または 通所リハビリテーション 事業所の理学療法士、作業療法士または言語聴覚士に同行して利用者の居宅を訪問し、両者の共同して行ったアセスメントに基づき 訪問介護計画 を作成することを評価するものです。また、事業所と同一建物または同一敷地内もしくは隣接する敷地の建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅)に居住する利用者を訪問する場合には減算されます。事業所と同一建物以外であっても、集合住宅に居住する利用者が1か月あたり 20 人以上の場合にも減算されます。その他、初回加算、早朝・夜間や深夜の加算、緊急時訪問介護加算等があります。また、介護予防訪問介護は 2017(平成29) 年度末までに地域支援事業に移行します。

(参考:『ケアマネジャー試験ワークブック2016』 p.365~369)

もっと問題を解きたい人はケアマネ受験対策アプリ!

ケアマネジャー合格アプリ2016 一問一答+模擬問+過去問

ケアマネジャー合格アプリ2016 一問一答+模擬問+過去問

今年のケアマネ受験対策アプリはこれ!! 「ケアマネジャー合格アプリ2016」は【過去問題】(好評発売中)、【一問一答】(好評発売中)、【模擬問題】(好評発売中)を収録。
詳細はこちらから
ケアマネジャー試験ワークブック 2016

ケアマネジャー試験ワークブック 2016

合格力を身につける! ケアマネジャー試験の出題範囲を、豊富なイラストと図解、平易な解説でまとめた「ワークブック」アプリです。
詳細はこちらから
【暗記パス】ケアマネジャー2016 クイズで覚えるケアマネ試験+苦手克服トレーニング保健医療サービス

【暗記パス】ケアマネジャー2016 クイズで覚えるケアマネ試験+苦手克服トレーニング保健医療サービス

「○×方式」「語句解答」など、クイズのような多彩な形式で出題。「穴埋め問題」で保健医療分野を克服!
詳細はこちらから