メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今週の穴埋め問題

穴埋め問題「短期入所療養介護」 4月29日分

  • 1.短期入所療養介護は、 介護老人保健施設 や病院・診療所、介護療養型医療施設に短期間入所し、 看護、医学的 管理下のもとで介護、機能訓練その他必要な医療、日常生活上の世話を提供するサービスです。介護老人保健施設および介護療養型医療施設については、短期入所療養介護についての指定があったものとみなされ、指定の申請の必要はありません。これを みなし指定 といいます。また、短期入所療養介護は、一般に 空床利用型 といわれる運用がされており、施設全体の定員を超えなければ短期入所の定員をあらかじめ決めておく必要はありません。利用期間がおおむね 4 日以上になるときは、短期入所療養介護計画を作成しなければなりません。なお、居宅に戻った後の生活にも配慮が必要なため、 介護支援専門員 との密な関係が必要になります。また、難病などのある中重度者やがん末期の要介護者を対象に、日中のみ提供される日帰りのサービスとして、 特定短期入所療養介護 があります。
  • 2.短期入所療養介護の利用者は、
    • 1.疾病のコントロールが不良な人
    • 2.医療系スタッフによる医学的管理の必要な人
    • 3. 合併症 、併発症の定期的な把握とコントロールが必要な人
    • 4. リハビリテーション 上の定期的評価や機能訓練が必要な人
    • 5.行動障害など、 認知症 の症状が顕著になってきた人
    などがあります。病状に照らして、検査、投薬、注射、処置等の診療も行います。
    その他の目的として、介護者の負担の軽減となる レスパイト ケア、装着された医療機器の 調整・交換  緊急時 の受け入れ、 ターミナルケア の時期の介護者の負担軽減などもあります。
  • 3.短期入所療養介護の介護報酬は、1日につき、施設形態別、ユニット型かどうか、要介護度や居室環境、人員配置などに応じて単位が設定されています。また、介護報酬は連続 30 日までが算定対象であり、超えた分は自己負担になります。認知症行動・心理症状緊急対応加算や緊急短期入所受入加算は 7 日間を限度に算定できます。若年性認知症利用者受入加算は個別の 担当者 を決めてサービスを提供している場合に算定できます。重度療養管理加算は、要介護 4または5 で人工呼吸器を使用している状態等である利用者に、計画的な医学的管理を継続して行い、療養上必要な処置を行った場合に算定されます。また、2015(平成)27年の介護報酬改定によりリハビリテーション機能強化加算は基本サービス費に包括化され、個別リハビリテーション実施加算については、医師、看護職員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が共同して利用者ごとに 個別リハビリテーション計画 を作成することが算定要件に位置づけられました。また、介護予防短期入所療養介護は、利用者間の交流や 社会性 の回復等にも効果的なサービスとして提供されます。

(参考:『ケアマネジャー試験ワークブック2016』 p.296~299)

もっと問題を解きたい人はケアマネ受験対策アプリ!

ケアマネジャー合格アプリ2016 一問一答+模擬問+過去問

ケアマネジャー合格アプリ2016 一問一答+模擬問+過去問

今年のケアマネ受験対策アプリはこれ!! 「ケアマネジャー合格アプリ2016」は【過去問題】(好評発売中)、【一問一答】(好評発売中)、【模擬問題】(好評発売中)を収録。
詳細はこちらから
ケアマネジャー試験ワークブック 2016

ケアマネジャー試験ワークブック 2016

合格力を身につける! ケアマネジャー試験の出題範囲を、豊富なイラストと図解、平易な解説でまとめた「ワークブック」アプリです。
詳細はこちらから
【暗記パス】ケアマネジャー2016 クイズで覚えるケアマネ試験+苦手克服トレーニング保健医療サービス

【暗記パス】ケアマネジャー2016 クイズで覚えるケアマネ試験+苦手克服トレーニング保健医療サービス

「○×方式」「語句解答」など、クイズのような多彩な形式で出題。「穴埋め問題」で保健医療分野を克服!
詳細はこちらから