ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
和田行男の「婆さんとともに」

地域との連携 ほざく前に「おはよう」を

 今朝は気持ちのいいスタートを切った。

続きを読む

 今日の名古屋はとても気持ちのいい朝である。陽は夏の日差しで暑いが空気がヒンヤリ感じるくらいスカッとしている。
 いつもは車で託児所にちびっこたちを連れて行くのだが、今日はお天気に誘われるように歩いて行った。
 自宅を出ると、すぐ前のおばさんが気安く「おはよう、えらいね」ってちびっこたちに声をかけてくれた。僕も「おはようございます」って挨拶を交わす。歩を進めるとご近所のお母さんたちが「行ってらっしゃい」って声をかけてくれ、ちびっこたちも「おはよー」なんて応える。
 出勤途中の女性が会釈してくれたので「おはようございます」って声をかけると「おはようございます」って返してくれ、ちびっこたちに「おはよう。行ってらっしゃい」って言ってくれる。ちびっこたちも「せんせんとこに行くんだよ」なんて応えていた。
 道路を渡ろうとすると右手に車が見えたので止まって待つと、車のほうも気づいてくれたようで早々に止めてくれた。
 渡りおわって歩いていると止めてくれた車が追いついてきて、運転手さんが「気をつけていくんだよ」なんてちびっこたちに声をかけてくれた。ちびっこたちもなんとかかんとか応えていた。僕も「おはようございます。ありがとうございました。行ってらっしゃい」なんて挨拶を交わす。
 託児所までの20分ほど、会う人会う人と挨拶を交わし、言葉を交わし会釈をしての道のりであった。
 僕らの業界で「地域との連携」とか「コミュニティの再生」なんていう言葉があるが、小難しくてわかりづらい。あれこれ講釈をたれる前に、自宅でも職場でもこうして隣近所の人たちや道行く人と挨拶を交わし言葉を交わしてみてはどうか。
 町を構成する人々が互いに日常的に人に関心を寄せることはとても大切なことだとよく言われるが、それは講義の中や震災のような非常時には「そうだよね」となっても、すぐに消え失せていく気がしてならない。
 この地は、まだ住んで間もなく様子がつかめないが、今朝の僕は久しぶりに大切なことを取り戻せた自分に出会い、とっても清清しい気分である。
 お天道様に感謝。


コメント


 朝日や挨拶ただ、それだけのことなのに何だか清々しい気持ちになれる。それって素敵ですよね。当たり前のことは何一つないさーなー!なんか、ありがとう!


投稿者: 南より | 2011年06月10日 14:02

じじ様ばば様と外に出ると、たま〜に「あら困った。ひとりでは対応しきれない。Help me!」
という状況になることもあります。職場の仲間に応援要請する前に、そこにいる通行人や店の人にひとまずsosをだしてみますと、これが意外と快く助けて応援してくれることの多いこと。
外にでるってそういうことだよねって思っちゃう。


投稿者: 夜勤ヘルパー | 2011年07月03日 01:11

※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
和田 行男
(わだ ゆきお)
高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は大起エンゼルヘルプでグループホーム・デイサービス・小規模多機能ホームなどを統括。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

【ブログ発!書籍のご案内】
new!
和田行男さんのブログ発第2弾『認知症開花支援』が刊行されました。前作『認知症になる僕たちへ』から2年半――。パワーアップした和田行男のメッセージにご期待ください。
定価:¥1,680円(税込)、10月20刊行
→電子ブックで内容見本をご覧いただくことができます
→ご注文はe-booksから
wadaprof3.jpg

和田行男さんのブログ「婆さんとともに」をまとめた書籍が刊行されました。
タイトル:『認知症になる僕たちへ』
著者:和田行男
定価:¥1,470(税込)
発行:中央法規
→ご注文はe-booksから
wadaprof2.jpg

メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大