ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
佐野卓志の「こころの病を生きるぼく」 2011年01月

ナマズの精part3

 クリスちゃん「ナマズの精って神様のメイドか執事のようなものですか?」
 ナマズの精「今は仮の姿じゃが、体が死ねば、神様の元に召される。神様の世界で精の命は永遠じゃ」
 クリスちゃん「精力絶倫の精ですね」
 ナマズの精「こらっ! 若い女の子が言う言葉じゃない」
 クリスちゃん「耳年増なんですぅ」
 ナマズの精「さて、同級生などとだれもが比較しがちだが、実はバカバカしいことじゃ。先を行く人ばかり見ていないで、今のままもっとわがままになったらどうじゃ?」



タイガーマスク運動

 本来であれば「ナマズの精part3」を掲載する予定なのですが、今話題のタイガーマスク運動についてちょっと。

 全国で広がっている、児童相談所や児童養護施設にランドセルや現金、プレゼントを贈る「タイガーマスク運動」に感動された方も多いのではないだろうか。



ナマズの精part2

(登場人物の詳細は、2010年9月のブログを参照してください)

 クリスちゃん「いいですね〜、ナマズさん。私は悩みが次々に湧いてきます。中学時代に私は普通にしゃべっていたのに、『不思議ちゃん』とか言われたり、なんか友達いなくなっちゃって、学校行く気が失せちゃったんです。空気読むのが苦手で当時はよく分からなかったのですが、今から考えれば『シカトされていたのかもしれないなあ』って思いますけれど」
 ナマズの精「君はちっとも悪くないぞ、間違っちゃいないぞ。オッケー牧場じゃ」



ナマズの精part1

(登場人物などの詳細は、2010年9月のブログを参照してください)

 クリスちゃんは、正月も明け、一人で熱帯魚店マットグロッソの店番をしていた。
 「みなさま、明けましておめでとうございます。って、いったい誰に向かって挨拶してるんだ!」と一応自己突っ込み。



ページトップへ
プロフィール
佐野 卓志
(さの たかし)
1954年生まれ。20歳(北里大学2回生)のとき、統合失調症を発症、中退。入院中、福岡工業大学入学・卒業。89年、小規模作業所ムゲンを設立。2004年、PSWとなる。現在、NPO法人ぴあ、ルーテル作業センタームゲン理事長。著書に『こころの病を生きる―統合失調症患者と精神科医師の往復書簡』(共著、中央法規)『統合失調症とわたしとクスリ』(共著、ぶどう社)。
ムゲン http://www7.ocn.ne.jp/~lutheran/
sanobook.jpg
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大