ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
梶川義人の「虐待相談の現場から」

毎年「虐待防止白書」が読みたいです

 当該の虐待事例は、たった一つの真実であるはずです。しかし、被虐待者や虐待者や支援者をはじめ、報道するマスコミ、報道の視聴者や読者など、それぞれにそれぞれの捉え方がありますから、あたかも真実が複数あるかのように構成されてしまいます。同じ事件が題材であっても、被害者目線で描かれたものと、加害者目線で描かれたもので、受け手の印象は大きく異なるものです。

 怖いのは、実際には平均値である個体は一人もいないのに、「平均値」と言われると、個体はみな平均値であるかのように錯覚することです。この意味で、ある程度オーソライズされた見解が示され普及される必要があるのだと思います。



ページトップへ
プロフィール
梶川義人
(かじかわ よしと)
(仮称)日本虐待防止研究・研修センター開設準備室長、淑徳短期大学兼任講師。
対応困難事例、家族問題担当ソーシャルワーカーとして約20年間、特別養護老人ホームの業務アドバイザーを約10年間務める。2000年から日本高齢者虐待防止センターの活動に参加し、高齢者虐待に関する研究、実践、教育に取り組む。自治体の高齢者虐待防止に関する委員会委員や対応チームのスーパーバイザーを歴任。
著書に、『高齢者虐待防止トレーニングブック-発見・援助から予防まで』(共著、中央法規出版)、『介護サービスの基礎知識』(共著、自由国民社)、『障害者虐待』(共著、中央法規出版)などがある。
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大